どのような資格を取るべきか

###Site Name###

まずは就きたい職業に直結するメジャーな資格を取るべきです。

業界や該当する職種の人なら、誰もが持っているようなものなら、必ず取得しておくべきです。



できれば、ライバルに差をつけられるような難関なものを取っておくと就職や転職で有利になります。

また、業務の中でも特定の業務に関する特定の資格を持てば、独自の強みを持つことができます。

次に取るべきか資格はコンピュータに関する資格です。


コンピュータを使っていない職場は少なく、コンピュータが使いこなせる人材はまだまだ不足しています。だから、コンピュータに強いことを証明すれば、就職や転職で有利になるのです。この後に取得しておくべき資格は語学関係のものです。


業務に明るくて、語学もできる人材は不足しています。

その一方、国際化が進み、語学もできる人材のニーズは高まっています。

だから、業務やコンピュータに関するものを取れたら、次は語学関係のものを取ると良いです。



趣味や特技に関するものも取っておくと良いです。

仕事人間ではなく、話題や交流の幅を広げる為にも、趣味や特技に関するものを取りましょう。

趣味で出会った人からビジネスチャンスが広がることも珍しくありません。直接、仕事には役立たないかも知れませんが、間接的には役立つこともあるのです。



いずれにしても、少し難関なものを取ることが大切です。
誰でも簡単に取れるようなものはいくら取っても役に立ちません。

人に感心されるようなものを取得しておくべきです。